で、いくらかかるのさ?

何か、経営について困っていることについてアドバイスをもらうとする。
相手は滔々とアドバイスをしてくれる。曰く、DXが必要だ、人事制度の構築だ、教育研修だ・・・・
費用の観点を気にしなければ、そりゃあなんでも言えるだろう。

費用対効果を考えてくれているのだろうか?
従業員数名の会社に、本当に数百万円のシステムが必要か?
構築後に修正が必要になったら、追加の費用はいくらかかるのか?
精緻な人事制度を構築するのはいいが、誰が運用するのか?
研修はいいが、同じ内容は2000円程度の本を読めば学べるのではないか?

会社経営をしていると、営業電話やメール、はたまた飛び込み訪問まで
色々な業種の営業がコンタクトをとってくるけれど、皆「自分が売りたいもの」の説明に夢中で、
費用対効果については全く考えていないような気がしてゲンナリする。

関連記事

  1. 専門家になるのか、経営者になるのか

  2. 中小企業庁「事業承継マニュアル」の公開

  3. 「全員同じ意見です」本当に?

  4. 過去を見渡せる者は

  5. 言葉に力がある

    ただ、言葉だけが

  6. デジタルで伝える

    議論の前に確認しておきたいこと

最近の記事

  1. 2022.01.11

    実行力の差
  2. 2022.01.06

    さようならSNS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)