Everything in its right place.

先週、大きな仕事を片付けた。いまはゆっくりしているかというと、そんなこともない。
後回しにさせてもらっていた他の仕事に追われている。

レディオヘッドというバンドが15年以上前に出した”Kid A”というアルバムがある。
村上春樹の「海辺のカフカ」でカフカ少年がヘッドフォンで聴いていた奴だ。

最初のトラックのタイトルが “Everything in its right place.”
「全ては正しい場所に」。

経営コンサルタントの仕事って、かっこよさそうに見える。
口八丁で食べていると批判されることもある。

実際にはかっこいい仕事でも楽な仕事でもない。
会社のなかで「間違った場所」に置かれている何かを「正しい、もしくは正しい可能性が高い場所」
に動かす。こつこつとそれをやる。
依頼人の社長から煙たがれても、従業員からののしられても、せっせと動かす。
そして成果が出たら「皆さんのがんばりの結果です」といって、契約を終えて立ち去る。
「あの会社は俺が育てた」なんて思わないし、口が裂けてもそんなことは言わない。

Everything in its right place.
それだけの仕事だ。

関連記事

  1. ほんのわずかな違いを

  2. 本日より2018年の業務を開始します。

  3. オフィスに自然光を

  4. 数字は比較してこそ意味がある

  5. ゼロの集合

    ゼロを目指す非効率

  6. ホワイトボードと経営コンサルタント

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)