「本日休業」看板の機会損失

「本日休業」とか「店休日」とシンプルに書かれた看板。いつも疑問に思っていることがある。

「みんな、勘違いしないんだろうか?」

例えば10時開店、22時閉店の飲食店があったとする。定休日は水曜日だ。
火曜日の夜22時には閉店し、明日水曜日は休みだからと「本日休業」の看板を店の前に置く。
水曜日はずっとそのまま。木曜日の朝に出勤した社員は、看板を取り去り、10時から営業を始める。

私(のようなそそっかしい人)が、火曜日の夜23時に店の前を通りかかる。店の前には「本日休業」の文字。
「ああ、火曜日は休みなのだな」と勘違いしてしまう。翌週の火曜日、外食をする機会があったのだが「あそこは火曜日が休みだったな」と、開いているのに候補から外してしまう。

また、木曜日の朝9時に通りかかっても同様だ。木曜日が休みだと勘違いしてしまう。

結構な機会損失ではないのか?なぜ放置しているだろう?
解決策は簡単で、「本日休業」みたいな曖昧な表記をやめて「水曜日休業」と言った書き方にすればいいだけなのでは。
もし、急な用事で普段休まない金曜日に休むことになれば、上から「金曜日」と書いた画用紙でも貼ればいいだけだ。

昔からずっと不思議だった。
もしかしたら皆、その程度の機会損失なんて全く気にしていないのかもしれない。
どの程度発生しているかを計測することも、おそらくほぼ無理だろうし。

今は皆、ネットで検索してから店を選ぶので、店の前まできて「今日は休みだったか」と嘆く人もいなくなったのだろうか。

関連記事

  1. さあ、うちの会社をコンサルしてください

  2. 戦略

    「戦略」という言葉で煙に巻かれそうになったら

  3. 「がんばるタイム」制度の導入。クライアントの利益になるから

  4. 顧客の「顧客」を意識する

  5. 全ての事件にコメントをする必要はない

  6. 経営理念は無理に作らなくてもいい。それは、自然に現れるもの

最近の記事

  1. 2022.12.07

    世情に疎い
  2. 2022.12.05

    旦那のように
  3. 2022.12.02

    散歩
  4. 2022.11.30

    思えば遠くに
  5. 2022.11.29

    暗黙の信頼

カテゴリー

読書記録(ブクログ)