お互いに学んでいる

クライアントと話していると、いろいろな発見がある。
業界の裏話だったり、教科書にはそう書いてあるが実務では異なるといった話だったり。

どこか他の場所で聞いた知識が、他のクライアントと話す時に役に立つこともある。
#もちろん企業秘密に関連する情報は人に話さないし、ネタ元は絶対に明かさないけれど。

「先生」と呼ばれ慣れてしまうと忘れてしまいがちだが、
こちらが一方的に知識を伝えているわけでは決してない。

むしろこちらが学ばせてもらっている。そこで得た知見は、自分を経営コンサルタントとして成長させてくれる。

報酬をいただいているので、得た知識を遙かに上回る知識を向こうに提供しなければならない。
それが出来なければもう仕事はこない。

よく「形のないものを売っている」ことに関して質問されることがある。
確かに大変だと思う。情報だけ取られて、仕事の依頼がこないこともある。
かといって、知識の提供を出し惜しんでいたら、そもそも仕事の依頼自体が来ないだろう。

このブログも含めて、自分が得た知識は積極的に公開していきたい。
それが自分に学びを与えてくれた、たくさんのクライアントへの恩返しだと思う。

関連記事

  1. 経済図書館「ビズコリ」のチラシ裏面「会員の声」に掲載されました。

  2. 九州志士の会と日本政策金融公庫が業務提携〜経営に必要な全てを提供〜

  3. 曲がりくねった道

    正しく間違えるよりも、漠然と正しいことを選ぶ

  4. 統計の嘘を見破る5つの鍵

  5. 実績をアピールしているうちは、まだまだ

  6. 業務フロー

    時間軸(タイムライン)を意識する。今日の解決策は明日の問題を生むかもし…

最近の記事

  1. ピザ
  2. ディスコミュニケーション
  3. 旅行、出張
  4. バックアップ、プランB

カテゴリー

読書記録(ブクログ)