競争は負け犬がすることだ

有名な投資家で、Paypalの共同創業者であるピーター・ティール氏は、
「競争は負け犬がすることだ」と言っている。

ここでいう競争とは、主に価格競争のことを指すのだろう。
他社よりも1円でも安くしようとすれば、必然的に利益率は下がる。
当社のようなサービス業は価格があってないようなものなので、
競争するということはすなわち価格のたたき合いを意味する。

#ときどき提案内容でのコンペもあるが、
#それだって価格が安いにこしたことはない。

そしてこれは購入する側にとっても決していい話ばかりではない。
安く買えたものやサービスには、安いなりの価値しかないのだから。

ただ、形のある製品などとは違い、サービスの比較は購入前には難しい。
それが、問題(安かろう悪かろう)を見えなくしてしまう。

ならば他をあたってください

当社が値下げを要求する顧客に
「ならば他を当たるといいでしょう」と
回答できるようになったのはここ数年のことだ。

それは自社のサービスに自信を持ったということもあるが、何よりも、
負け犬がするという「競争」をしたくはないからだ。

独立当初は見積額を半額にすることを要求され、
仕事がなかった当社はその無礼とも言える要求を受け入れていた。
想定していた金額の半額でやるその仕事は、
双方にとっていい結果をもたらさなかった。

もう二度とそんな真似はしたくない。

競争をしたくなければ、競争の必要が無いビジネスをすることだ。
そのために何をすればいいのか、いつも考えている。

関連記事

  1. 特注品は、新事業のための試作品である

  2. 業務フロー

    時間軸(タイムライン)を意識する。今日の解決策は明日の問題を生むかもし…

  3. まずは寝よう

  4. 情報発信の際に気をつけたい3つのこと(コンテンツ、コンテキスト、メディ…

  5. 一人だけ抜け出すイメージ

    ネットではできないことを探す

  6. 雑草、たくましい

    雑草は強くない(ポジショニング戦略)

最近の記事

  1. 2019.08.22

    地域のお祭り
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 植物の成長
  4. 2019.08.15

    10年前の今日

カテゴリー

読書記録(ブクログ)