ビジネスアイデアをかたち(モデル)にするお手伝い

歯車

ここ数日、複数の企業から新規事業展開に関する相談をいただいた。

どれも面白いアイデアで、所属する業界の仕組みを大なり小なり変えるものだった。
事業が始まる前にこういった面白いアイデアを聞けるのは経営コンサルタント(中小企業診断士)という職業のエキサイティングなところだ。

アイデアをかたち(モデル)にする

当社はそのような新規事業のアイデアを聞いて、何をするのか?
そのアイデアは経営者がひとりで、もしくはわずかな従業員とともに考えたものだ。どうしても過剰な期待や勘違いも混ざっている。
当社がやることは、そのアイデアに外部の視点を入れることで、成功の可能性の高い「ビジネスモデル」を作るお手伝いだ。
経営コンサルタントとしての経営学の知識、様々な業種のコンサルティングをしてきた中での経験を活かし、アイデアをモデルへと進化させる。

その過程では、もともとのアイデアを削ったり、付加したりすることもある。また、強調すべきポイントをずらすこともある。

これこそ当社がやりたかったことだ

そうやって、ビジネスアイデアを事業計画というかたちで文書に落とし込んでいく。
作成した事業計画を経営者に見せたときに「これこそ当社がやりたかったことだ」と言われると、最初の段階は成功だ。
次の段階は、その事業計画をベースに事業を成功に導くためのお手伝いだ。

関連記事

  1. IT導入補助金のセミナーを開催しました。

  2. 検索

    ナイーブ・リアリズム。自分が正しいのか?

  3. シーシュポス

    ミッション・クリープ。「終わり」を人為的に定義せよ

  4. まずは自分でやってみてこそ、専門家の凄さが理解できる。

  5. 多忙なビジネスマン

    「ながら」と「あわせ」

  6. シンプルなままにしよう

    複雑さを避ける

最近の記事

  1. 2019.08.15

    10年前の今日
  2. パズルを組み合わせる

読書記録(ブクログ)