専門外のことを話すときは謙虚であれ

経営コンサルタント(中小企業診断士)だからって、何でも知っているわけではない。

クライアントが属する業界のことは、その業界で働く人間が一番知っている。
私がどれだけ事前に予習していっても、現場で話を聞いても、その人に知識量で勝つことはない。

専門外のことを話すときは謙虚でなければいけない。
たとえ同じ業界の出身者だとしても、その企業個別の知見はわからない。

中途入社した経験者が嫌われるのは、「前の会社(往々にして大企業)ではこうだった、だから変えるべきだ」という物言いだ。
経営コンサルタントも同様で、「答えを知っている」かのような振る舞いはしばしば相手を不快にさせる。

専門外のことを話すときは、常に自分が「知らないことの方が多い」ことを意識して、相手に教わる気持ちで謙虚に発言しよう。

簡単だ、「この分野に関しては素人なんですが」「間違っているかもしれませんが」とひと言添えるだけでいい。
それでは「先生」の権威が損なわれると憮然とするような士業の人は、もうとっくに絶滅してしまったと信じたいが。

関連記事

  1. 経営理念は無理に作らなくてもいい。それは、自然に現れるもの

  2. 鹿児島・宮崎出張。遠隔地から仕事をいただける理由

  3. 植物の成長

    今日の仕事と明日の仕事

  4. 「しるし」をそこかしこに

  5. ビジネス、歯車、モデル

    「反省」ではなく「省察」

  6. 中小企業白書2018を読む(2)〜経常利益の要因分解

最近の記事

  1. 2019.11.13

    緑の効果
  2. 2019.11.12

    冬に向けて
  3. 2019.11.11

    攻撃への対応
  4. お金を稼ぐ
  5. 好成績

カテゴリー

読書記録(ブクログ)