そして誰も居なくなる

何回か、こんな夢を見たことがある。

オフィスの自分の席に座っている。周りには誰もいない。
業務開始時間はとうに過ぎている。
各自の席にパソコンは置かれているが、私物の類は全くない。

ああそうか、みんな辞めてしまったのだ、とそこでわかる。
ダメな社長である私は、愛想を尽かされてしまったのだろうか。
それとも、経営がうまく行かず、自ら皆を解雇してしまったのだろうか。

みんなはどうしているのだろうか。
私抜きで新会社を設立し、なんとかやっているのかもしれない。
それともバラバラになって、それぞれ新しい職場で楽しく働いているのだろうか。

そのあたりで目が覚める。目覚めてすぐは、夢と現実の区別が曖昧だ。
しばらく焦るが、数分経つと、それが夢だったことがわかりホッとする。

社長は偉そうに振る舞っていても、その実脆弱な存在だと思う。
皆が一斉に退職して仕舞えば、一人では何もできない。
人不足のこの時代、転職先なんていくらでもある。うちの社員は皆有能なので尚更。
会社が無くなったら困るのは、たぶん、自分だけだ。

変に増長しないよう、常に自分を律して、戒めていかなければと、
似たような夢を見るたびに、そう思う。

関連記事

  1. 情報の見せ方(2) 「グラフのどこを見て欲しい?」

  2. 戦略成功のために必要な要素

  3. 費用対効果を冷静に見つめる

  4. 予測されるけれど目に見えない危険

  5. テレビ出演(TNCフレッシュふくおか県 動画あり)

  6. ヒアリング情報は必ずしも事実ではない

最近の記事

  1. 2022.09.15

    継続すること
  2. 2022.09.13

    必要な孤独

カテゴリー

読書記録(ブクログ)