嵐が過ぎて

救命浮き輪

先週まで当社の繁忙期でした。

締切のある案件にかかりきりで、他の仕事の依頼はすべて「GW空けにしてください」と延期しておりました。
今週以降、順次対応していきます、お待たせして申し訳ありません。

今回、フロウシンク史上最も忙しい状態を経験しました。(毎年記録を更新しています)
いろいろな業務プロセス上の課題も見えたので、次回の繁忙期(夏にやってきます)に備えて改善をしておかなければ。

最近つくづく思うのですが、企業のあらゆるミスは、仕組みを作ってない会社側にその原因があるなと。社長として反省することしきりです。

中小企業は社長の「器」以上には成長しないといいます。
器という抽象的な概念をどうやったら大きくすることができるのかはよくわかりませんが、
必要な勉強と投資は怠らずにいたいと思います。

関連記事

  1. 言いにくいことも言わなければならない職業

  2. 情報の見せ方(1)「読み手は誰?」

  3. お金を稼ぐ

    ニーズはあるようだ。で、それにいくら払ってもらえるの?

  4. デジタルで伝える

    ロジカルに考え、エモーショナルに伝える

  5. 経営理念、ミッション、ビジョン

  6. 業務フロー

    時間軸(タイムライン)を意識する。今日の解決策は明日の問題を生むかもし…

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.05.21

    因果応報

読書記録(ブクログ)