2018ものづくり補助金(3) 専門家による支援

じっくり話合う

2018年(H29年補正予算による実施)ものづくり補助金について、
現在わかっている情報をまとめています。

専門家支援で増額?

今回新たに「専門家の活用」という
オプションができるようです。

日刊工業新聞12月15日にはこう書かれていました。

設備導入の効果を高めるために、
スマートものづくり応援隊など専門家を活用する
場合には補助上限額を30万円引き上げる。

設備導入の効果を高める、
というのはどのような作業を
意味するのかはわかりません。

また、スマートものづくり応援隊「など」
という記述があります。

スマートものづくり応援隊 一覧(リンク先PDF)

スマートものづくり応援隊として
活動している組織の数はとても少なく、
彼らの支援「だけ」が対象になるとは考えづらいです。
#おそらく、手が足りない

認定支援機関、または中小企業診断士による
支援も対象になればいいのですが・・・・

この「専門家活用による補助金増額」という
パターンは今年初めて出てきたもので、
まだ詳しいことは不明です。

2月と予想される公募に向けて、
より詳細な情報が出次第、また
このブログでお伝えしたいと思います。

関連記事

  1. 比較しなければ判断できない

  2. 悪いのは仕組みだ

  3. 計画のモジュール化

  4. 費用対効果を冷静に見つめる

  5. セミナー動画の撮影(Youtuberに、俺はならない)

  6. いつだったらできますか?

最近の記事

  1. 2022.12.07

    世情に疎い
  2. 2022.12.05

    旦那のように
  3. 2022.12.02

    散歩
  4. 2022.11.30

    思えば遠くに
  5. 2022.11.29

    暗黙の信頼

カテゴリー

読書記録(ブクログ)