失敗が許されない作業については チェック担当を二名にする、 いわゆるダブルチェック体制が 取られることがある。

続きを読む