福岡県筑紫地区(大野城市、春日市、筑紫野市、太宰府市、那珂川町)
の商工会職員向けにセミナーを実施しました。

内容は、補助金、経営力向上計画と資金繰りについて。
地域の中小企業支援に関わる
複数の分野を広く浅く話しました。

セミナー資料を作ることが頭の整理になる

資金繰りの支援は
実践ではよくやるテーマではあるものの、
セミナーの形で誰かに話するのは初めて。

資料を作ることで自分が持つ
方法論の整理にもなり、
このようなテーマでの依頼を
いただいて大変助かりました。

社長が相談に来たら何を提案すべきがわかる

また、最後のスライドで
「社長が相談に来たら何を提案すべきか」
が一目でわかるフローチャートを作りました。
(画像は諸事情によりあえてぼかし処理を入れています)

個人的にはこのスライドが
今回のセミナーで一番役に立つ
一枚だと思っています。

この手のものを作るのは
もともとSEだったせいか得意です。

以前、創業補助金という補助金の
申請要件がよくわからなかったので
フローチャートの形にして公開したところ、

知人だった某国営銀行の方から
「社内資料で使いたい」と連絡を受け、
ファイルそのまま渡したこともあります。

H25年時点の内容であり、現在の創業補助金制度はこのフローチャートとは異なります。

フローチャートを作ってみるか

2019年になれば、またいろいろな
補助金の公募が始まります。

業種や規模、社長が考える将来の計画から
どんな補助金が活用できるか、
システマチックに判別できる
フローチャートが作れたら、
クライアント企業のみならず
従業員やパートナー企業にも喜ばれそうです。

今回作成したものをベースにちょっと
取り組んでみます。