IStock 000000106081Small square
中小企業は、経験豊富な専門家の支援を受けることで「大化け」する可能性があります。
とは言っても、「経営コンサルタントに何かを頼むと、料金はお高いんでしょ?うちには出せないよ、そんなお金」
という会社がほとんどです。

あまり知られていないのですが、中小企業を支援するために、国が行っている「ビジネス創造等支援事業」
というものがあります。これは、課題を抱えた中小企業に対して、中小企業診断士や税理士などの専門家を
無料で最大3回まで派遣し、課題解決をサポートしてもらうための制度です。

なんといっても無料。使わない手はありません。

利用のハードル

この制度を利用するためには、中小企業が作成した「ミラサポ」というサイトでユーザー登録を行う必要があります。このユーザー登録の方法が少しややこしく、作業を行っているうちに「もういいや!」となってしまう方もいます・・・・もったいない話ですが・・・
と、というわけで、今回はミラサポの登録方法をなるべくわかりやすく説明したいと思います。

ユーザ登録と企業ID登録の違い

ミラサポへの登録作業で、一番わかりにくい点、それは「ユーザ登録」と「企業ID登録」という二つの登録作業があることです。

Diff user companyid

ミラサポは、フェイスブックのようなSNS機能を持っています。ユーザ登録だけでは、そのSNS機能(コメント投稿など)しか使うことができません。このままでも、情報収集等には非常に有益なのですが、専門家派遣を行うためには「ユーザ登録」に加えて「企業ID登録」も行う必要があります。
企業ID登録は、ユーザ登録を行った後に実施します。

ユーザ登録の手順

それでは、まずはユーザ登録を行います。

1)下記URLから「ミラサポ」にアクセスしてください。

ミラサポ 未来の企業★応援サイト

#サービス名の途中に★マークをつけるセンスについては、何も言うまい・・・・

Mirasapo001

2)画面左側、赤い四角の「新規会員登録」ボタンをクリックします。

Mirasapo002

3)「メールアドレス」欄と「(確認用)」欄にメールアドレスを入力し、「仮登録を行う」ボタンをクリックします。

Mirasapo003

4)「登録案内メール送信完了」画面が表示されます。お使いのメールソフトで、新着メールを確認してください。受信までに少し時間がかかる場合がありますので注意。

 

Mirasapo004 4

5)「【ミラサポ】会員登録申し込み受け付けのお知らせ」というメールが届いています。メール本文に書かれたURLをクリックしてください。

 

 

Mirasapo005 2

6)ミラサポの利用規約画面が表示されるので、「利用規約に同意する」にチェックを入れて、「会員登録する」をクリックしてください。

 

 

Mirasapo006 2

7)赤文字で「必須」と書かれた項目は全て入力してください。「住所(町名・番地)」欄は、数字も全角で入力してください。半角で入力すると登録できませんので注意。

 

 

Mirasapo007 2

Mirasapo008 3

8)「このサイトで中小企業・小規模事業者の支援者(専門家)としての活動を希望する」にはチェックを入れないでください。「登録内容の確認」をクリックします。

 

 

Mirasapo009 2

9)上記「登録完了」画面が出てきたら、ユーザ登録は終了です。

・・が、「登録完了」の文字に惑わされてはいけません。ここで終了したのはあくまで「ユーザ登録」であって、専門家派遣を利用するためにはこの後に「企業ID登録」を行う必要があります。「ミラサポトップへもどる」ボタンをクリックします。

 

企業ID登録の手順

Mirasapo010 0 2

10)ログイン画面が表示されるので、メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンをクリックします。

 

 

Mirasapo011 2

11)「許可」をクリックします。

 

Mirasapo012 2

Mirasapo013 2

12)ミラサポのトップ画面が表示されるので、下へスクロールして、画面左側にある「無料派遣専門家」という文字をクリックします。

 

 

Mirasapo014 3

13)「派遣専門家 検索・申請」画面が表示されます。下へスクロールして、「企業情報(企業ID)登録はこちら」という文字をクリックします。

 

 

Mirasapo016 2

Mirasapo017 2

14)あなたの企業が既に登録されていないかどうかの確認を行います。可能性は少ないですが、社員が勝手に企業ID登録をすることも可能ですので、既に登録されているかもしれません。「事業者名」欄に会社名を入力して、「検索」をクリックします。「検索結果がありません」と表示されれば、あなたの企業はまだミラサポに登録されていません。「新規登録」をクリックして企業ID登録作業を行います。

 

 

Mirasapo018 3

15)企業情報を入力します。ユーザ登録の際に入力した情報は予め表示されています。赤で印がついている部分が必須入力なので、自動入力が行われていない箇所、「事業者名称(よみがな)」「拠点」「代表者氏名(日本語)」「代表者役職」「従業員数」を入力して、「登録内容を確認する」ボタンをクリックします。

 

 

Mirasapo019 3

16)確認画面が表示されますので、内容に間違いがないかどうか再度確認した上で、「この内容で登録する」をクリックします。

 

 

Mirasapo020 2

17)企業情報登録完了画面が表示されます。お使いのメールソフトで、新着メールを確認してください。

 

 

Mirasapo021 2

18)上記のようなメールが届いているはずです。企業IDとパスコードは、忘れないよう控えておいてください。専門家派遣は最大3回利用可能です。2回目、3回目の申請はユーザ自らが行うことができます。申請の際にこの企業IDとパスコードが必要になります。

(2015/5/13追記)

平成25年度より、2回目、3回目の申請に関しても地域プラットフォーム経由でなければ行えないよう、ルールが改定されました。

 

専門家派遣を行うために、地域プラットフォームに電話してください

ここまでの作業を行って、ようやく専門家派遣を行う準備ができました。専門家派遣を行うためには、まずは「地域プラットフォーム」と呼ばれる組織に
連絡を行い、現在あなたが抱えている問題を聞いてもらう必要があります。

ミラサポ内の下記ページを参照して、近隣にある地域プラットフォームに連絡して、専門家派遣を行って欲しい旨を伝えてください。

地域プラットフォーム 検索|ミラサポ 未来の企業★応援サイト

商工会議所や商工会に加入していれば、そちらに相談していただく方が早いと思います。

#商工会議所、商工会のほとんどは地域プラットフォームに加入しています。

地域プラットフォームに所属する相談員と面談を行うと、課題解決に適切な専門家を紹介してもらえます。

既に「この方に支援して欲しい!」という意中の専門家が居る場合、それを地域プラットフォームの相談員に伝えてもらえれば、その方を派遣してもらうことも可能です。

 

せっかくの支援制度、使えるだけ使いましょう

この制度、今回のようにインターネットを使って登録を行うものは今年が初めてですが、似たような制度は昨年も一昨年も存在しました。無料で専門家の支援を受けることができるのですから、積極的に活用して、自社の成長に繋げたいものですね。