「中小企業は差別化が重要」経営コンサルなら、
これに異論を唱える人はいないと思う。

差別化といっても、
単に「他社と違うことをすればいい」
と早合点してはいけない。

3C分析というフレームワーク(思考の枠組み)がある。
自社・顧客・競合他社の3つの視点からビジネスを考えるものだ。

ビジネスなので、
商品・サービスを
買ってくれる
お客様がいないと始まらない。
つまり、(1)お客が求めているものを提供する、
ことが原点だ。

しかし、競合他社と
まったく同じ商品・サービスを
売っていても儲からない。

なぜか?同じ内容であれば、
あとは価格がどれだけ安いかの
勝負になるだけだからだ。

そこで(2)の視点、
「他社ができないこと」を
やっているかどうか、
いわゆる「差別化」が重要となってくる。

(2)の視点だけに囚われて
「他社はやっていません!」
と主張したところで、
(1)の視点、お客が求めている
ものでなければ、差別化の意味はない。

他社がやってないことはいくらでもある。
でもそのほとんどは「お客が求めていないから」
やらないだけに過ぎない。

お客が求めていて、かつ
他社がやっていないこと、
できないことをやるのが
難しいのだ。

そして、そこで良いアイデアを
出せたものが、ビジネスに勝利する。