改善のプロセス

ベンジャミン・フランクリンが自伝に書いていた言葉。

人生の幸福とは、大きな幸運からではなく、日々の小さな便利さから生まれる。
ーベンジャミン・フランクリン

幸運な出来事は、めったに起きない。
自分の方向性が正しいかどうかはいつまでもわからない。
努力が必ず実るとは限らない。

神ならぬ人間には、未来を予測することはできない。
過去を振り返って初めて、「ああ、あれが転機だったな」と思うのがせいぜいだ。
(事業で成功した人は、成功した現在から辛い過去を振り返るので、全てが必然だったと勘違いしているのだ。)

日々の改善を追求する

革命は起こせない。でも、改善はできる。

日々の小さな便利さから「幸福」を得、人生を少しずつ改善していくことは、誰にでも可能だ。

それは、ちょっとしたPCの操作テクニックを覚えることかもしれない。
ネット小売店を活用して、スーパーから重たい米や牛乳を持って帰らなくてよくなることかもしれない。
家事を便利にするグッズの購入からだって幸福を得られる。

大きな幸運を得る準備をしながら、日々の便利さを追求する

le hasard ne favorise que les esprits préparés.
幸運は用意された心のみに宿る。
ールイ・パスツール

幸運を得るために、日々努力を積み重ねることは必要だ。
でも、準備したからといって必ず幸運な出来事が舞い降りるわけではない、ということは醒めた目で捉えておいた方がいい。
そうしないと、努力が実らなかった時に「こんなに努力したのに報われないのは社会が悪い」と、見当違いの恨みを抱くだけの人生になってしまいかねない。

日々、大きな幸運を得るための準備をしながら、小さな便利さの追求、つまり改善を繰り返していこう。

幸運は来るか来ないか、誰にもわからない。でも、「小さな便利さ」は、調べればすぐに見つかるのだから。