人生はずっとベータ版

人生に「完成」はない。

いわばずっとベータ版の状態。それが死ぬまで続く。

ベータ版は試用版であり、
未完成であること前提で
顧客に提供される商品だ。

みながよく使っているメールアプリのGmailも、
発表からしばらくはベータ版の表記だった。

完全なものを提供しようとすると、あとの修正が難しくなる。

事実、ソフトウェアをCD-ROMで配付していた
かつては、一度発売したものをおいそれと変更はできなかった。

あくまでテスト中

人生を「完成版」だと考えてしまうと、
簡単に修正できないと悩んでしまう。

むしろ、人生はずっとベータ版だと考える。
試用版なら、気軽に修正できるし、
お客様のことをあまり気にせずに
デザインなどの大幅な変更もできる。

自分の性格や、経営している企業の社風や、
自分の置かれた状況を「固定的なもの」と
考えずに、あくまで「試用中、テスト中」だと考える。

テストなのだから、
不具合があれば修正すればよい。

どうせ、自分の人生が正しかったかどうかなんて、
死ぬ直前まで納得できないのだ。

関連記事

  1. 足の裏についた米粒でお腹いっぱい〜診断士になって9年目、独立7年目の年…

  2. 読書履歴を公開する

  3. 参拝。神に願うのではなく、自身を振り返る時間

  4. ゲームのルールを知る

  5. 花を愛でる余裕(精神的にキツイかどうかの判断基準)

  6. 孤独を楽しむ

最近の記事 おすすめ記事
  1. 数字、数学、パズル

読書記録(ブクログ)