いまできることに集中する

もう8年くらい、モレスキンのメモ帳(方眼タイプ)を愛用しています。
15冊くらいは使ったでしょうか。

過去を悔いるな、未来を夢見るな、心を、現在のこの瞬間に集中せよ

購入後、裏表紙に必ず下記の一節を手書きで記入します。

Do not dwell in the past, Do not dream of the future, Concentrate the mind on the present moment.
過去を悔いるな、未来を夢見るな、心を、現在のこの瞬間に集中せよ

IMG_4488

ブッダの言葉と言われています。

過去と未来は人間の頭にある概念上の存在であり、実際には「今」の連続が人生です。
過去の失敗に思い悩んだり、未来を考えて不安になったりすることで「今」をおろそかにするのは本末転倒です。
どうせ、過去には戻れないし、未来を予見することもできないのですから。

刹那的に生きろ、というのではありません。

過去の反省は「今」間違った選択をしないために必要です。
未来の計画も「今」正しい道を歩むために必要。

そう、すべては「今」のためにあります。

それは事業計画ではなくて、反省文か、未来への希望です。

事業計画について考えてみましょう。

昨年、売上が予算未達なのであれば、単価なのか数量なのか、業務プロセスのどこに問題があるのかを見極めた上で、「今」何をすべきかがわかるのが「良い過去の使い方」です。それができていないなら、それは反省文。

また、今期の予定を立てて、現状との差異を認識した上で「今」何をすべきかがわかるのが「良い未来の使い方」です。それができていないなら、それは単なる「こうなるといいな」といった未来への希望にしかすぎない。

今の行動レベルまで具体的に落とし込めたとき、初めて機能する「事業計画」ができあがります。

「今」の行動を決めるために必要なものは何か?という観点で、過去と未来に思いを馳せましょう。それ以外は、趣味でやる分にはいいのですが、あまり生産的な活動とはいえないでしょう。

常に「今」を意識して行動する。そんな思いを込めて、メモ帳を更新するたびにこの箴言を記載しています。

関連記事

  1. 6/2〜6/7 臨時休業のお知らせ

  2. 偶然を味方につける

  3. 毎日ブログ更新、100日達成。

  4. 緑を近くに

  5. 自己主張の話。父の教育方針

  6. 朝に考え、昼は行動。夕方は読書、夜は寝る

最近の記事 おすすめ記事