学びの時間を確保する

年末からいままで何かとバタバタしていて勉強の時間を確保できていない。これはまずい。

経営コンサルタント(中小企業診断士)は、知識を金に換える職業だ。
クライアントだって勉強している。知識で金をもらいたければ、クライアントの数倍、数十倍の勉強をしなければならない。
勉強をしなくなっても過去の知識で商売はできるだろう。そうしている人も居る。
しかし、いずれ行き詰まる。

それが怖い。だから、追い立てられるように勉強をしている。
仕事が忙しいときでも、移動時間だけは読書に充てている。

セミナーによる学びには最近懐疑的だ。自分もセミナー講師として報酬をいただいていて何だが、(私の場合は)本を読んだ方が速い。
これは私が速読を学んだからというのもあるのだろう、本なら自分のペースでさっさと読めるのに、わざわざ数時間かけてゆっくりとした解説を聞くのが苦痛になってきている。

速読で1冊10分 | ビジネス「速読」研究所(フォーカス・リーディング公式)

どんなに忙しくても、本を開く時間をおろそかにしてはいけない。
これは、未来の自分に仕事を確保するための行為だ。

関連記事

  1. リーダー(Leader)は読書家(Reader)であれ(2016年読書…

  2. 本棚

    【電子書籍リーダー】Amazon Kindle Oasis

  3. 複数の人生を生きる(2014年読書まとめ)

  4. 参考資料「データでみる県勢 2016」

  5. 書評「ストーリーとしての競争戦略:楠木健」

  6. 良本の要約が読める雑誌「トップポイント」

最近の記事 おすすめ記事