ある程度理解している分野の「入門書」を読むことがある。

続きを読む